不正請求の防止にも役立ち、結果的に医療費削減となる

レセプト並み領収書があることにより医療費の透明性が保たれる

患者本人への請求は病院窓口で行われ、その場で支払いが完結する。このとき病院から患者に領収書が手渡される。入院患者の場合は、月末ないし退院時に支払いを行い、領収書が渡される。残りの金額については、病院で毎月の月末に患者ごとに集計を行い、請求書を審査支払機関に送付する。審査支払機関とは、各組合に代わって請求書を審査し、病院への支払いを代行する組織である。健康保険に関しては都道府県ごとに組織されている社会保険診療報酬支払基金(支払基金)に送付する。

また国民健康保険の分はやはり都道府県単位の国民健康保険団体連合会(国保連)に送る。もちろん後期医療の分は、広域連合に送ることになる。その請求書こそがレセプトである。レセプトには実際に行った医療行為と、使用した医薬品の種類と数量、医療材料の種類と数量、および細則に従って計算した医療費の合計額が記載される。審査支払機関はレセプトの中身を審査し、問題がなければ病院に対して支払いを行う。立て替えるのである。

立て替えた代金は後で各組合から回収される。さらに各組合は、加入者(被保険者)から保険料を徴収することによって、その代金に当てている。ただし後期医療制度では加入者の保険料がわずかであるため、大半を健保・国保組合からの支援金と国・地方自治体からの税金で埋めている。また前期医療制度により、健保組合から国保組合に対して支援金が支払われている。このようにして日本の医療が回っている。レセプト並み領収書とは、その名のとおりレセプトと同じ情報を記載した領収書のことである。実際に行った検査や治療、使った薬剤や材料など一切の単価(保険点数)と数量(回数)を記載した領収書である。
相談料や調査費・着手金が無料の弁護士事務所パートナーでは、おもにB型肝炎訴訟の関する案件を多くあつかっています。ここは、この訴訟に優れている事務所です。
治療後に無料の検診をやってもらえるということで、ほくろ除去をしてもらうクリニックはほくろ除去 心斎橋皮膚科にしました。心斎橋駅のすぐ近くにあります。
医療事務管理士と、診療報酬請求事務のふたつの資格を取ることができるので、ソラスト 評判に申込みをしました。模擬試験も、何度でも受けられるそうです


審査支払機関では、レセプトに記載されている病名と医療行為の明細を見比べて、規則に則って医療が行われたかどうかを判定するのである。このレセプト病名も不正請求・架空請求の温床になりやすい。何か検査を追加したければ、それに合ったレセプト病名や疑い病名を並べるだけでいいことになってしまう。

審査支払機関としては何としてもこれを防ぎたいが、いままで有効な手段がなかった。しかしレセプト並み領収書の発行を突破口に、かなり光が見えてきた。なぜならそれには病名も記載されているからだ。患者が領収書を見て、とんでもない病名が記載されていたらどうだろうか。たとえば頭痛で病院に行ってCT検査を受けたところ、脳にはとくに問題がなく、肩凝りが原因であることが分かったとしよう。

What's New
2013/10/08 注目記事を更新しました。
2013/10/04 新着記事を更新しました。
2013/10/03 レセプトの欠点を更新しました。
2013/09/30 レセプト病名を更新しました。
2013/09/28 不正請求の手口を更新しました。
2013/09/26 医療費の透明性を更新しました。
2013/09/25 レセプト並み領収書があることにより医療費の透明性が保たれるを更新しました。
2013/09/22 ホームページをリニューアルしました。

他サイト紹介
ナースフルナースエージェントとらばーゆ看護
リクルートが開いている看護師求人情報サイト。各地域担当のアドバイザーが転職をサポート。全国の看護師求人情報を検索できる。紹介会社や派遣会社への登録もでき、希望の求人を見つけやすい。女性ための看護師求人サイト。登録不要で看護師・助産師・保健師などの求人を紹介しています。